“オン”と“メン”と“受け”

d0248641_1373489.jpg トーションコイル部からの曲げフックではなく、丸フックの製作です。

反対側は引きバネでいう、ロングUフックになっています。

d0248641_1375583.jpg 要するにまずNCマシンで、両側ロングUフックで作り込みます。

そして矢印の部分を切断します。その切断要領をご紹介します。
d0248641_1381342.jpg いつもならばエキセンの刃はエキセンと平行になるのが多いのですが、今回は製品の形状故に90°ひねって直角に取り付けます。

左矢印の当てを六角ボルトで調整します。刃に対して製品が直角になるように、セットするための目印(右矢印)テープを貼ります。
d0248641_1382485.jpg このまま切断は出来ませんが、こういうふうに置きます。左矢印に部に隙間が出来てはならないのと、右矢印の目印にピッタリと合うようにセットします。
d0248641_1384041.jpg 別角度からです。
d0248641_1385483.jpg 当然、そのままではエキセンは回せないので、指で保持してあげます。

ここでこの押さえ方が、弱くても強くてもダメということになってきます。究極ずれることなき程度に限りなく弱く、という表現になってしまいます。

この世界の作業の基本は大概こういうことなのです。
あとは静かにエキセンを回すだけです。
d0248641_1391211.jpg パチン!という感じで切れたというより折れたというのが、いい感じです。

折れたという感じが大事で、製品の切り口のバリの大小や、刃の寿命に大きく影響します。

切るのではなく折るのです。ここをよく覚えておいてください。
折るようなフィーリングを得るためには、刃の“オン”と“メン”と“受け”の3つによって実現します。
黄色のテープの部分が“受け”の役目を果たしています。

ズバリ切断作業の基本は“オン”と“メン”と“受け”の3つなのです。
d0248641_1392549.jpg 他の製品への応用です。曲げ部超際切りです。
d0248641_1393460.jpg 何故にこのような作業が存在するのかというのは、NCマシンにて巻きはじめの際曲げが非常に困難なことがあげられます。

もし挑戦して出来たとしても、ツールへの応力が大きくかかり、破損する危険性が大きく考えられます。
このため高額なツールを潰さないためにも、こういう技術や作業が未だに存在しているのです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


[PR]
by wiretec | 2011-09-29 11:59 | 熟練要領


技術は惜しみなく公開、コツは見て学べ!


by wiretec

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る