いったい何枚あったらいいの?研磨盤!

d0248641_14375584.jpg  線材術衆ですがたまには他の話題もと思いまして、今回は研磨盤の製作です。バネ屋さんで端面研磨機をお持ちであれば、皆さん社内で自作されていることでしょう。仮に研磨機屋さんに製作を依頼しようものなら1枚、10万円くらいするそうですよ。
材料はレーザーカット屋さんに鉄板と外径、内径、厚みを記して注文します。この画像のものは薄いほうで厚いものになると強烈な重量にビックリします。
d0248641_14402344.jpgd0248641_14421884.jpg
  画像のようにフライス盤にサーキュラーテーブルを取り付けて穴を開けていくわけです。フライス盤をボール盤として使います。バネの入る穴は研削する製品の外径に+0.3mm~+0.5mm大きくしたものにします。ですが穴の大きさの最終決定は研磨課担当者とのやり取りで決まります。これが出来上がりのバネの直角度に著しく影響しますので最も慎重になるところです。一つ開けては5目盛(5度)ずつ回していきます。下の画像では一周360度分の5度で、72穴ということになります。

d0248641_14172939.jpg  これは3段階工程の最終仕上げ径を開けているところです。これといったコツはありませんが、穴を開けるときに一度で指定の大きさまで開けてしまうのではなく、何段階かに分けて行うことでドリルにも研磨盤にもやさしくより正確さが増します。あとはドリルの回転速度をかなりゆっくり目に回します。
先程も申し上げましたが、これは薄い部類に入りますので黄矢印の当てを下から軽く触れる程度に当ててやります。これは赤矢印のバイスで固定しています。
d0248641_1417213.jpg  この黄矢印の当てがないと斜めに開いたり、または楕円に開いてしまったり安定しません。必ずドリルが上から押してくるので、下から受けてやるのは当然のことでしょう。
d0248641_14174211.jpg  ここまででもかなりの時間を費やしています。ゆっくり辛抱強くが唯一のコツですね。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


[PR]
by wiretec | 2012-02-14 14:27 | 熟練要領


技術は惜しみなく公開、コツは見て学べ!


by wiretec

プロフィールを見る
画像一覧