カテゴリ:熟練要領( 6 )

インコ!?

d0248641_12524056.jpg インコネルX750の引きバネです。InconelX750と検索に引っ掛かるよう英語名も書いときます。(^_^;)

すごくかっこいい名前ですが、みんなインコってマヌケに呼んでます。会社名らしいですよ。頭文字をとったみたいです。詳しくはWikiってくださいね。

普通の材質ならフニャフニャになってしまう高温化で、いい仕事しよるんですわコイツ!

バネ材としても発売されているので、コイリング加工性は比較的良好です。あとデジタル温度計の測定棒もインコが使われていますよ。

ここでは試作品の製作過程を紹介しています。両端を手作業にて絞るため、NCマシンで少しコイル径を絞っています。
d0248641_12525855.jpg 引きバネのフック部分の製作です。

インコ材は小さく曲げると折れてしまうことがあるため、注意深く作業します。

バネ本体の中に入る部分は特に潰す感じで曲げますので、NCマシンでは殆ど折れるんですよ。
d0248641_12531097.jpg もっとも気を使う部分の絞りです。

先ほどのフックをバネ内部に差し込み、円錐状に絞っていきます。この絞り加減一つで、バネの自由長が変わってしまうため、一本一本均一作業が求められます。

またフックが回転するタイプなので、その回転のフィーリングも変わってしまいます。

最後に傷をつけないことは常識中の常識ですね。

バネに携わっておられる方は御存知でしょうが、この絞りの工具はヤットコから作っています。線径に対して溝が掘ってあり全くの職人の自作なのです。


d0248641_12533597.jpg 手間暇の言葉が最もふさわしい熱処理工程です。

試作段階なので約700℃にて1時間ほどしかしてませんが、本番では使用用途によって処理温度、時間が変わります。中には10数時間なんてのもあり、どれだけ手間が掛かるかというところです。

これは試作用電気炉を開けた瞬間です。

内部は普通のバネではありえない、真っ赤っかの状態です。

思わず気合が入りますね。
d0248641_12535292.jpg 密着バネなのでなかなか冷めません。30cmくらい離れていても余裕で熱を感じます。

これでこそ高温下でいい仕事をするわけですね!このバネが無事試作OKとなり巣立っていくのを見たいものです。

高温下でのバネの使用にお困りのお客様、是非富士発条インコネルバネをお試しください。

過酷な環境に耐えうるバネの御質問と製作は、何なりと当社営業部までお問い合わせくださいませ。お待ちしています。m(__)m

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


[PR]
by wiretec | 2012-04-12 12:56 | 熟練要領

いったい何枚あったらいいの?研磨盤!

d0248641_14375584.jpg  線材術衆ですがたまには他の話題もと思いまして、今回は研磨盤の製作です。バネ屋さんで端面研磨機をお持ちであれば、皆さん社内で自作されていることでしょう。仮に研磨機屋さんに製作を依頼しようものなら1枚、10万円くらいするそうですよ。
材料はレーザーカット屋さんに鉄板と外径、内径、厚みを記して注文します。この画像のものは薄いほうで厚いものになると強烈な重量にビックリします。
d0248641_14402344.jpgd0248641_14421884.jpg
  画像のようにフライス盤にサーキュラーテーブルを取り付けて穴を開けていくわけです。フライス盤をボール盤として使います。バネの入る穴は研削する製品の外径に+0.3mm~+0.5mm大きくしたものにします。ですが穴の大きさの最終決定は研磨課担当者とのやり取りで決まります。これが出来上がりのバネの直角度に著しく影響しますので最も慎重になるところです。一つ開けては5目盛(5度)ずつ回していきます。下の画像では一周360度分の5度で、72穴ということになります。

d0248641_14172939.jpg  これは3段階工程の最終仕上げ径を開けているところです。これといったコツはありませんが、穴を開けるときに一度で指定の大きさまで開けてしまうのではなく、何段階かに分けて行うことでドリルにも研磨盤にもやさしくより正確さが増します。あとはドリルの回転速度をかなりゆっくり目に回します。
先程も申し上げましたが、これは薄い部類に入りますので黄矢印の当てを下から軽く触れる程度に当ててやります。これは赤矢印のバイスで固定しています。
d0248641_1417213.jpg  この黄矢印の当てがないと斜めに開いたり、または楕円に開いてしまったり安定しません。必ずドリルが上から押してくるので、下から受けてやるのは当然のことでしょう。
d0248641_14174211.jpg  ここまででもかなりの時間を費やしています。ゆっくり辛抱強くが唯一のコツですね。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


[PR]
by wiretec | 2012-02-14 14:27 | 熟練要領

因数分解的線細工つづき

d0248641_13452239.jpgd0248641_13451258.jpg  立体曲げ2ですが、先程の簡単な90度ではなく斜め立体曲げとなります。斜め角度を決める当ては、ブロックではなく板を使いました。高さが調整できるものであれば板でもブロックでも構いません。

d0248641_1345026.jpgd0248641_1415212.jpg  注意しなければならないのは、斜め曲げの時は左画像赤色矢印の支点と、青矢印の当てが線径以上離れてしまうため、不安定になってしまいます。そのため黄色矢印のような当てが必要不可欠になってきます。別に作業に差し支えなければもっと大きな当てでもOKです。

d0248641_1404331.jpgd0248641_13444951.jpg  斜め曲げと申しあげましたが、左画像を見る限りでは平面曲げですね。失礼しました。しかし右画像の斜め立ち上がり角度をパーフェクトに安定させるためにも、この作業方法は正解なのです。

d0248641_13443945.jpgd0248641_13442971.jpg  ここは完全に平面曲げです。全工程中一番容易ななところでしょうか。ここでの当てに注目してください。この当ては曲げまでの距離と、作業時に赤矢印と反対方向に製品が動かないようにの、止めにもなっています。こういった一石二鳥の使い方も、匠のさり気ない技の一つです。

d0248641_13441674.jpgd0248641_1344271.jpg  はいっ、これが正真正銘の斜め曲げでございます。左画像黄色矢印の当てが曲げまでの距離を、板当ての高さが斜め曲げの角度を、芯金の太さが曲げの径を、芯金の斜め左上の当ても先程もありましたように、板当てと芯金が線径以上離れている場合には常識中の常識です。

d0248641_13434873.jpgd0248641_13433912.jpg  左画像を見れば斜めに曲げというのが一目瞭然ですね。これが最後の曲げになります。赤矢印にしっかり当たっているのを確認して作業します。結局製品を作っているのか、ベンダーを作っているのか解らなくなってきますよね。昨今のNCフォーミング機は材料を任意に回転できますので、このような立体曲げ作業は大変楽になりました。といっても小ロット注文の場合などまだまだ手作業に頼るところも多いのです。

d0248641_13431181.jpgd0248641_1343353.jpg  フィニッシュは当然カットになります。最後の曲げからカット位置までが結構長いので、緑矢印のような調整できる当てをつくっています。赤矢印メンの溝と黄矢印の受けは、何度も申し上げますが材料を切断するに当たって、折る感じに切らなければならないため、カットツールが非常に長持ちしバリを最小限に抑える働きを担っています。もし黄色矢印の受けが無かったら、切断中オン刃はメンから逃げてしまいます。結果バリになるわけです。受けがあるとオン刃は切断中先ほどとは逆のメン刃方向にあおられるため、隙間が抑えられバリなく“折れる”わけなのです。

d0248641_13423747.jpgd0248641_13423083.jpg  カットツールは今回、匠はストレート溝無しを選んでいます。筆者の私ならば、両方溝有りでやりたいところではあるのですが、詳しい理由はまた匠の機嫌の良い時に質問しておきます。右画像の赤矢印の刃と受けの隙間(クリアランス)も見た目は隙間なしに見えますが、素人には解らない独特の隙間設定が存在しこれが刃の寿命などに一役買っています。

d0248641_13422058.jpgd0248641_1342624.jpg  黄矢印、赤矢印の方向へしっかりと必要最小限の力で押さえエキセンを回し作業を終了します。今までで最高工程数を紹介させていただきました。最後まで御覧いただき光栄に存じます。
線細工とはこの一つひとつの工程の組み合わせによって成り立っているものです。いかに今までそしてこれからもいろんな平面曲げ、立体曲げ、ネジリなどを経験し自らのボキャブラリーに組み込むかが匠への険しい道になっています。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


[PR]
by wiretec | 2012-02-13 13:37 | 熟練要領

因数分解的線細工

d0248641_1552024.jpg 全7工程、グニャグニャ曲げです。NCマシンでも基本的に2工程くらい残して出来るのですが、次回は全工程NCマシンを考えています。

NCマシンの世界では一度曲げた後、すぐ間髪入れずにもう一度曲げを入れることは、難しいとされています。

これはあくまで当社の場合です。

他社様におかれましては、専門にこの際曲げ工程をクリアされているオペレーターの方もおられると思います。
d0248641_1561488.jpgd0248641_1554851.jpg
  緑色の矢印が曲げ工程です。
最後の左端矢印、切断工程を入れて7工程になります。左画像矢印の右より1番目、2番目が話題の際曲げ工程です。
別角度の右画像では上から1番目、2番目が同じくとなります。
最初の1番目の際曲げから作業していくのですが、今回は1番目→3番目(普通曲げ)→2番目(際曲げ)と進みます。
2番目の際曲げがこのフォーミング全体の最難ハイライトとなるところです。

d0248641_1565965.jpgd0248641_1571224.jpg
  では、しょっぱなの際曲げですが、いろいろなやり方が存在すると思います。
当社ではこの2工程をオンとメンの型による、一発曲げとしました。この製品のみにしか使えないオリジナルの曲げ型です。
試作段階ではけっこうこのオンとメンの型を製作するだけで相当な時間がかかってしまいます。
それだけ際曲げの難しさというものが再認識されますね。当然製品単価にも申し訳ありませんが反映されてしまいます。
NCマシンについても、際曲げ専用ツールを製作しますので手間は同じです。

画像では黄色の目印テープに先端を当て、赤矢印の箇所にピッタリと添わせます。
次にエキセンを止まるところまでガンと回します。そしてそのままもう一回、同じくガンです。ここでは2回突きます。

d0248641_158249.jpgd0248641_1592311.jpg
  何故2回突きなのかは、この画像でお解りになると思います。線径φ3mm故に2回突きでちょうど平行となるのです。

d0248641_1593733.jpgd0248641_1595086.jpg
  1回突きではここまでしか曲がらない画像です。
仮に一回で出来るだけの力を加えたならば、かなりの打痕傷が出来てしまうでしょう。打痕跡を少しでも減らす意味でもこの2回突きが生きてきます。しかし殆どの作業がテコの原理の応用なので、際曲げ作業にはテコの特性が得られにくいのです。必然的に材料に強い力がかかってしまい、打痕というか製品により大きな凹み痕がつくのは避けにくいところです。

d0248641_1510148.jpgd0248641_15103267.jpg  ここから今までの平面曲げから90度の立体曲げに入ります。これは直角の出た四角いブロックを当てに使うだけで簡単に90度立体曲げが完成します。

d0248641_15111080.jpgd0248641_15111833.jpg  左手の人差し指のところにもう一つ当てを作れば、更に左手でしっかりと保持することもなくなり、楽な作業となるでしょう。

d0248641_15134973.jpg  かなりしっかりとしたrのキツイ曲げになりました。これは次の工程のために生きてきます。ほんの少しだけ90度強の曲げに仕上げるのがここでのコツになっています。
またかなりの加工硬化が生じていると思われますので、折れやすい原因にもなりますね。
この箇所が上から2番目、3番目の画像のどの位置か解りますか?答えは左画像では右から3つ目、右画像では上から3つ目の矢印の箇所なのです。解りにくくなった理由は、次の作業でお分かりになると思います。
d0248641_15142552.jpgd0248641_15144091.jpg  いよいよハイライト作業に入ります。曲げるために邪魔になるところはやはり排除しなければならないため、ベンダー台に穴を開けました。ここで賛否両論ですが先程の作業と入れ替わってはと思われるかたもいるでしょう。
作業者毎の経験や癖があるためにこれが正解というのはありません。要するに多工程の場合はどこから攻めるかは沢山出てくるわけです。画像では穴が材料を保持しその上の芯金に巻きつけていくという方法がとられています。

d0248641_15151271.jpgd0248641_151526100.jpg  この曲げ方も際曲げの最たるもので非常に独特な作業者泣かせのものであります。

d0248641_15161773.jpgd0248641_15163784.jpg  この完成形状を図面から読み取り、最適ベンダーを製作するだけでも、まだまだ若い者には難しいところです。

d0248641_151732.jpg  しかし技術者冥利に尽きるというか、若い者にはマネの出来ないこのあたりを考えるのが、実は一番楽しいのです。

表題の数学の世界にたとえても面白いのですが、たとえば100という数を導きだす式は何種類あるでしょうか?ここでは書ききれないほどありますね。このようにバネの世界においても、一つの工程を完成させるのに使われる式(作業方法)は何種類も存在するわけです。この模索を楽しいと思わなければ技術の向上は望めないでしょう。




                  to be continued


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


[PR]
by wiretec | 2011-11-25 14:49 | 熟練要領

塩梅

d0248641_1734263.jpg 線径の真ん中から45度の角度で削り込みの工程を紹介します。

いきなり若い職人に頼みましても、どれが最善策か解らないので、今回メモっておくことにしました。

熟練職人には日常茶飯事のことなんですけど、簡単なことほど伝授されていないことも、多々あるものなのですね。
d0248641_1743038.jpg 見事な一発研削の完製品を先にお見せします。 老巧熟練の世界では、すべて勘の領域での作業になります。線材の中心も45度の角度も測りません。

こういうことを書いたら品質面での誤解が生じますが、ちゃんと品質管理部を通りますので御安心願います。
d0248641_174572.jpg 砥石はレジノイド系を使います。ステンレスの研削には焼けにくく抜群の作業性が期待できます。

柔らかい砥石なので研削の当て加減に注意を払います。強く当てすぎると砥石自体の真円度にも悪影響を及ぼしかねません。

では、まず右手人差し指をしっかり台座の上に乗せます。この位置は指の当たりで毎回同じ場所の加減を肌で感じ取ります。

しっかりといっても、思いっきりではありません。いつも言っていることですが、強すぎず弱すぎず 「いい塩梅」 の言葉の意味そのものなのです。
d0248641_16381080.jpg いよいよ製品を持ちます。矢印の下に降りている部分の角度が、右縦線と毎回同じ平行になるように持ちます。

ここがズバリ45度研削に決まるところなので、慎重に作業してください。

とは申しましても慎重過ぎも今度は生産数が上がらないにもつながるので、効率面をいつも念頭に置くことが大事です。
d0248641_17144481.jpg 左手を添え、ゆっくりと砥石に近づけます。すべて、いい塩梅で握り押さえてください。

熟練者ほど実は軽い力で作業しています。だから長時間の作業も疲れず苦にならない訳なのです。
d0248641_1714567.jpg ここからが一気にいきます。ここでも強く当てすぎると、早く削れるのですが砥石が痛むのと、製品の研削面が黄色く焼けてしまいます。

これはどちらも良くないので、ここでも師匠に叱られながらちょうどよい塩梅を学びましょう。数をこなすことが上達への早道は言うまでもありません。

砥石の同じ場所で作業しても、そこが凹んでしまうのはどなたでも解りますね。
常に全体均一に使うことが基本です。

一度研削を始めたならば、ここまでというところまで砥石から製品を離してはいけません。
一回で決めなければならないのが、この作業のハイライトなのです。

d0248641_1715777.jpg いかがでしょうか?熟練者の勘の作業は角度、位置共にドンピシャです。
当然、品質管理も一発で通過です。

最初に時間をかけて治具などを作れば、未熟者でも同じようには出来るでしょう。
ここで大事なのは熟練者(師匠)の早さなのです。
通常、ひとつ削るのに3~4秒/個くらいです。
d0248641_17151928.jpg 最後に先ほどの一回で磨り終わらなければならない理由を説明しましょう。

矢印の間を見ていただくと微妙に縦にスジが入っていることに気づきます。
これは2回砥石に当ててしまったため、微妙な研削ズレが生じてしまいました。
当然、品質管理は通りませんので廃棄処分になります。熟練者においては帳尻合わせの技術(要するにゴマカシです)で廃棄を免れることも可能です。

最後の最後で廃棄処分は非常に辛いものです。それまでの工程を知っているものなら尚更です。
こうならないよう今回は 「塩梅」 を学びました。
特急注文の際にいかに自分の塩梅技術を発揮できるかが、バネ玄奘への険しい路なのです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


[PR]
by wiretec | 2011-10-12 12:00 | 熟練要領

“オン”と“メン”と“受け”

d0248641_1373489.jpg トーションコイル部からの曲げフックではなく、丸フックの製作です。

反対側は引きバネでいう、ロングUフックになっています。

d0248641_1375583.jpg 要するにまずNCマシンで、両側ロングUフックで作り込みます。

そして矢印の部分を切断します。その切断要領をご紹介します。
d0248641_1381342.jpg いつもならばエキセンの刃はエキセンと平行になるのが多いのですが、今回は製品の形状故に90°ひねって直角に取り付けます。

左矢印の当てを六角ボルトで調整します。刃に対して製品が直角になるように、セットするための目印(右矢印)テープを貼ります。
d0248641_1382485.jpg このまま切断は出来ませんが、こういうふうに置きます。左矢印に部に隙間が出来てはならないのと、右矢印の目印にピッタリと合うようにセットします。
d0248641_1384041.jpg 別角度からです。
d0248641_1385483.jpg 当然、そのままではエキセンは回せないので、指で保持してあげます。

ここでこの押さえ方が、弱くても強くてもダメということになってきます。究極ずれることなき程度に限りなく弱く、という表現になってしまいます。

この世界の作業の基本は大概こういうことなのです。
あとは静かにエキセンを回すだけです。
d0248641_1391211.jpg パチン!という感じで切れたというより折れたというのが、いい感じです。

折れたという感じが大事で、製品の切り口のバリの大小や、刃の寿命に大きく影響します。

切るのではなく折るのです。ここをよく覚えておいてください。
折るようなフィーリングを得るためには、刃の“オン”と“メン”と“受け”の3つによって実現します。
黄色のテープの部分が“受け”の役目を果たしています。

ズバリ切断作業の基本は“オン”と“メン”と“受け”の3つなのです。
d0248641_1392549.jpg 他の製品への応用です。曲げ部超際切りです。
d0248641_1393460.jpg 何故にこのような作業が存在するのかというのは、NCマシンにて巻きはじめの際曲げが非常に困難なことがあげられます。

もし挑戦して出来たとしても、ツールへの応力が大きくかかり、破損する危険性が大きく考えられます。
このため高額なツールを潰さないためにも、こういう技術や作業が未だに存在しているのです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


[PR]
by wiretec | 2011-09-29 11:59 | 熟練要領


技術は惜しみなく公開、コツは見て学べ!


by wiretec

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る